中高生ポスターセッションの報告

情報処理,Vol. 60, No. 7
「中高生ポスターセッションの報告」
が刊行されました。



お問合せは
http://jnsg.jp/?page_id=93 からお願いします。

 

中山 泰一
中高生ポスターセッションの報告 ―企画と概要―
Report of Junior High School and High School Student Poster Session – An Overview of Planning –
本会では,第81回全国大会から,中高生ポスターセッションを始めた(同時に,「中高生情報学研究コンテスト」を始めた).本稿では,まず,中高生ポスターセッションを企画した経緯を述べる.情報の分野で優れた探究活動を行う中高生がおり,本会がその発表の場を提供することは重要である.また,2022年度からの高等学校情報科では「情報I」と「情報II」が設けられるが,「情報II」の内容に「情報と情報技術を活用した問題発見・解決の探究」が含められるため,本会はその探究活動を発表する場を準備しておく必要がある.さらに,本稿では,中高生ポスターセッションの実施にあたっての取組み,表彰制度などについても述べる.
情報処理, Vol. 60, No. 7, pp.660-662 (2019).

 

鹿野 利春
中高生ポスターセッションの報告 ―意義と効果―
Report of Junior High School and High School Student Poster Session – Meaning and Effect –
2019.3.16に開催された情報処理学会初等中等教育委員会主催としては,初めての「中高生ポスターセッション」には日本全体から42の発表があった.これは,学問への誘い,さまざまな交流,研究・教育力の向上,学会のプレゼンスの向上など,多くの効果があった.今後は,運営の改善による効果の最大化と,若い世代の才能についての指導と環境の提供が期待される.
情報処理, Vol. 60, No. 7, pp.663-664 (2019).

 

和田 勉,中野 由章
中高生ポスターセッションの報告 ―当日の様子―
Report of Junior High School and High School Student Poster Session – Report of the Day –
2019.3.16に本会全国大会において開催された,情報処理学会初等中等教育委員会主催の初めての「中高生ポスターセッション」には日本全体から37の発表があった.いままで中高生が参加することが稀であった全国大会の場においてたいへん新しいことである.そのうち優秀な発表8件を表彰した.これは,学問への誘い,さまざまな交流,研究・教育力の向上,学会のプレゼンスの向上など,多くの効果があった.今後は,運営の改善による効果の最大化と,若い世代の才能についての指導と環境の提供が期待される.
情報処理, Vol. 60, No. 7, pp.665-668 (2019).