平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞




文部科学省は4月11日、平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者を発表し、科学技術賞 理解推進部門では一般社団情報処理学会が推薦した 久野靖さん、中野由章さん、辰己丈夫さん、中山泰一さん、植原啓介さんの受賞が決定しました。

(関連記事)

業績名 「情報教育の評価手法の普及啓発」

情報社会の現代において、情報教育の重要性は大きいが、わが国では情 報教育の評価方法について十分な知見が得られていなかった。

結果として、大学入試での情報科の出題が極めて少なく、そのことが科 目の重要性に対する無理解や科目実施体制の不十分さ、とくに専門性を 持つ教員の採用の少なさや臨時免許・免許外教科担任の濫用につながっ てきたという問題があった。

本活動は、情報処理学会情報処理教育委員会において上記の問題を重大 であると考えたことから、同委員会の活動の一環として実施してきた ものである。

活動の内容として、上記の問題を克服すべく、適正な情報科の評価方法 を検討し、その結果に基づき大学情報入試全国模擬試験を複数回実施し た。

さらに、試験結果の分析を行なうとともに、情報科の実情や各国との国 際比較などの研究も進め、これらの成果をフォーラム・シンポジウム・ 学会発表等を通じて教育関係者を含む世の中に広く周知することに努めた。

本活動により、多くの情報科教員の間で、有効な情報科の評価方法、と りわけ適切な試験問題作成のあり方に対する認知や、これと関連した教 育実施体制における現状の問題とあるべき方向性に対する理解が広まっ たものと考える。

このことは、従来型のPC操作スキル中心の情報教育から、21世紀型ス キルを重視した「考える」内容の情報教育への移行という重要な変化の 推進に寄与している。

第1回大学情報入試全国模擬試験ポスター