大学入学者選抜改革推進委託事業における情報科のための思考力・判断力・表現力を評価する問題の作題手順の提案




日本情報科教育学会第11回全国大会において
「大学入学者選抜改革推進委託事業における情報科のための思考力・判断力・表現力を評価する問題の作題手順の提案」
の特別講演が行われました。


お問合せは
http://jnsg.jp/?page_id=93 からお願いします。




久野 靖
大学入学者選抜改革推進委託事業における情報科のための思考力・判断力・表現力を評価する問題の作題手順の提案
文部科学省による大学入学者選抜改革推進委託事業は、大学の入学者選抜における「思考力・判断力・表現力」や「主体性等」を効果的・効率的に行う手法の研究・開発を目的としている。大阪大学(代表機関)、東京大学・情報処理学会(連携機関)は、この事業中で「情報学的アプローチによる『情報科』大学入学者選抜における評価手法の研究開発」を実施している。本講演ではこの活動の中から、2018年度の活動内容として取リ組んでいる、思考力等を評価する間題を作成するための手順、およびその手順に埜づく作題例を紹介し、情報科における「思考力・判断力・表現力を評価する試験」のあリ方について議論の題材を提供する.
日本情報科教育学会第11回全国大会講演論文集, pp.s3-s10 (2018).